EDにおける怪我や薬の影響

怪我や薬の影響などによるED

EDの原因としてよく耳にするのが糖尿病や動脈硬化そして加齢が多いです。
糖尿病になると「勃起しなくなった・・」
「勃起しても硬さが足りない・・・」などみなさんよく行っていますが、これはED,勃起障害、勃起不全と言われています。

 

糖尿病になると糖尿病に対してはいろいろと対策を取るかと思いますがED,勃起障害、勃起不全に関しては気が付かない方が多いのです。

 

動脈硬化に対しても糖尿病と同等にED,勃起障害、勃起不全に関してあまり気にしない方が多いと思います。
病気になるとどうしても体がアクティブなれず「元気が無いから勃起しないのも仕方ない・・・」なんて思っている方も多いと聞きます。
しかし、そうではないのです。
元気が無いわけではなくED,勃起障害、勃起不全なのです。
早めに対応が必要なのです。

 

怪我やその他の病気にについても糖尿病や動脈硬化と同様の事が言えます。

 

怪我に関しては脊髄損傷や骨盤外傷などがED,勃起障害、勃起不全が関係してくることが多いのです。

 

みなさんご存知通り人の脊髄には大変重要な神経が通っています。
その神経にはもちろん勃起に関係する神経もあり勃起に関わる神経が怪我をすることによって傷ついてしまうと勃起にかかわる神経伝達が上手く行きません。
これでは勃起が起こらないのも当然なのです。
怪我をしていつもと勃起の状態が違うならED,勃起障害、勃起不全を疑って見た方がいいでしょう。

 

そして前立腺関係の病気、前立腺肥大化や前立腺癌なども勃起に大きく影響を与えます。
前立腺関係の病によって前立腺付近の神経や血管が圧迫されると海綿体に血液が流れ込みにくくなります。さらには圧迫により脳からの勃起の信号がペニスまで伝わらないという状態が起こりがED,勃起障害、勃起不全となる場合があります。

 

普段から勃起力アップサプリなどで勃起状態をキープしていれば変化があったとき対応が早くできます。